島原市観光ガイドはこちら▶


島原半島ジオパークで大地創生と半島暮らしを知る

「世界ジオパーク」は国内に8地域、世界で119地域、(33ヶ国)あります。(2016年12月現在)

2009年8月、島原半島はこの「世界ジオパーク」に日本第1号で認定されました。

 

平成噴火や火砕流の疑似体験など火山と人との共生をテーマとした体験展示がある「火山体験ミュージアム」です。

 

溶岩ドームが崩壊して発生した大火砕流が到達した地点が示された場所です。「ふかえ桜パーク」の中にあります。

有明海に点在する小さな島々は、寛政4年(1792年)の噴火末期に発生した大地震で眉山が大崩壊を起こしたときに形成されたものです。ここからそれを展望できます。

 

平成新山の山頂から約2.5kmにある施設。平成新山のダイナミックな姿を間近から眺めることができます。噴火以降の植物の回復の様子を観察できます。

 

雲仙普賢岳 噴火歳剤の爪痕を
見ることができます。

火砕流によって壊滅的な被害を受けた場所です。火砕流に伴う堆積物や被害家屋を観察することができます。

 

噴火で荒れ果てた大地に市民が芝桜の植栽を行っています。開花シーズンにはピンクや白の絨毯が広がります。

 

島原市観光ガイドはこちら▶